インターネットキャッシングとは?

インターネットキャッシングというのは、その名の通り、インターネット上でキャッシングを行うことです。具体的にはどういうことかというと、ネットバンキングを使うような感覚で、あらかじめ審査で認められていた融資限度額までの範囲内で、

 

 

指定の口座、もしくは登録しておいた口座にキャッシングしたい金額を振り込むことができます。


自宅に居ながら融資まで受けることができるインターネットキャッシングは、振込を必ず利用することになりますので振込融資に強くなければいけません。この振込融資は、

 

 

意外に銀行は提携ができておらず、自行の口座にしか振込融資ができないという銀行カードローンがほとんどです。しかも現在銀行カードローンは即日融資は不可能になっており、インターネットキャッシング向けとはとても言えないサービス内容になっています。


インターネットキャッシングの可能なカードローン

インターネットキャッシングが可能な要素として、

 

 

  • 最短即日融資が可能である
  • 振込融資が得意である

ということがあります。インターネットキャッシングの可能なカードローンがこの要素をどのように満たしているのかしっかり検証して見ます。

最短即日融資が可能で振込融資が得意なインターネットキャッシング

インターネットキャッシングで即日融資できるかどうかはとても重要なことです。ネットで申込んでカードが郵送で届くまで待っていれば一週間以上掛かってしまいます。実際みずほ銀行カードローンを申込んだら2週間ほど掛かってしまいました。

 

家に居ながらにして即日振込を受けることができるという即日融資なら最高ですが、振込融資には金融機関の振込時間の制限がありますので、申込曜日・時間によってはどうしても振込融資不可能な時はあります。

 

そういう時でもインターネットキャッシング可能なカードローンは、自動契約機を設置している店舗を持っているので即日カード発行してその場でATMで融資を受ける事もできます。

 

即日振込可能なインターネットキャッシングの条件
プロミス 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでプロミスホームページで確認してください
アコム 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでアコムホームページで確認してください
SMBCモビット 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでSMBCモビットホームページで確認してください※1

※1 申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

全銀システムの稼働時間拡大により、平日・土日祝日問わず大手消費者金融ならインターネットキャッシングできる可能性も高いです。

 

 

しかしプロミスとアコムなら、提携金融機関の口座へなら24時間365日振込融資可能なのです。。


※ メンテナンス時間を除く

 

24時間365日土日祝日でも振込融資が可能なインターネットキャッシングの条件
プロミス 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座へなら口座登録する事で24時間365日最短10秒で振込融資可能
アコム 楽天銀行の口座へならで24時間365日最短1分で振込融資可能※1

※1 メンテナンス時間以外。

提携口座がなければ自動契約機でカード発行すればいい

ネットで申込んで審査が完了していれば、土日祝日でも自動契約機でカード発行すれば即日融資が可能です。

 

ただし、自動契約機のある店舗にその日に行けるかどうかはその店舗数によります。店舗数が多ければそれだけ近くに店舗がある可能性は高いわけですから、即日カード発行できるかどうかの指標となります。

自動契約機の設置店舗数 内ATM併設店舗数
プロミス 約1,700店舗 約1,694店舗
アコム 約1,109店舗 約1,109店舗
SMBCモビット 約435店舗 なし

※ 2017年12月1日現在の店舗数です。詳しくはアコムのホームページで確認してください。

 

この中でもSMBCモビットの店舗は、カード発行機であるローン申込機しか店舗の中にはなく、自社ATMは所有していません。ですのでカード発行しても提携ATMまで行って手数料を払って借入しなければなりません。

 

ただし三井住友銀行のATMは手数料無料です。

即日融資できるインターネットキャッシングなら

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
SMBCモビット


※即日融資は申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

とにかく低金利なインターネットキャッシングなら

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

金利 年利 1.8%〜14.6%
限度額 最高 500万円

インターネットキャッシング利用術

インターネットキャッシングは何が便利?

それでは、インターネットキャッシングは何が便利なのでしょうか?結局手元に現金を用意するためにはATMで現金を下ろさなければいけないので、二度手間なだけだなって思っていませんか?

 

まず、インターネットバンキングの便利な点の1つは手数料がかからないということです。ATMを使って借入を行う場合、そのキャッシング会社のATMであれば手数料はかからないでしょうが、提携ATMの場合には一般的に手数料がかかってしまいます。

 

もちろんそのカードローンの提携の仕方によっては手数料が掛からない提携ATMもあります。大手消費者金融は提携ATMは手数料は掛かってしまいますが、

 

 

沢山ある店舗に自社ATMがあり手数料無料で利用することができます。


 

対する銀行カードローンは提携ATMは手数料が掛かりますが、メガバンクは全国にたくさんの手数料無料の自行ATMがあります。

 

 

ネットバンクは提携ATM手数料が無料の場合が多いですが、やはり実店舗ないことによって申込方法や融資方法に制限があったりします。

ATMで差が出るインターネットキャッシング

お近くにキャッシング会社のATMがない場合には、節約術の1つになります。

 

もう1つはキャッシングが必要な場面は、かならずしも現金が必要な場合だけではないということです。自動引落の期日なのに、口座にお金が入っていない、振込で払おうと思ったら残高が不足していた、というような場合もあることでしょう。

 

そういった場合には、ATMでキャッシングして、口座に入金して、ということが二度手間になってしまします。

 

また、自動引落がクレジットカードの支払であれば、おそらく遅延利息はキャッシングの金利よりも高いでしょうから、ぜひともアコムでインターネットキャッシングをして口座にお金を用意しておいてください。

 

消費者金融がインターネットキャッシングが便利でアイフルに審査落ちした場合などは、当サイトで人気なのはアコムですが、インターネットキャッシングでの利便性などを総合すればプロミスが一番ですね。

インターネットキャッシングで無利息期間が用意されているカードローンを利用する賢い方法とは?

カードローンを利用するにあたり、必ず関係してくるものといえば金利です。金利は、カードローン業者が融資を行った金額に応じて発生する利息を計算するためのものであり、カードローン業者からすればこの利息の中から利益を得ているため、金利というものが必要となるわけです。

 

その金利ですが、カードローン業者の中には「無利息」というサービスを用意しているところもあります。基本的には無利息は期間限定となっている場合がほとんどですが、その無利息期間内は利息が発生しないことになります。

 

カードローン業者からすれば利息は利益を得るために必要な手段ではありますが、その利息をなしにすれば当然ながらその分の利益はありません。無利息ということは、仮に10万円借りたとしてもそのまま10万円返済すれば良いということなので、利用する側からすれば一見するとメリットが大きいように思われます。

 

しかし、現実的に無利息期間として設定されている期間は短いもので1週間、長くても1か月程度である場合がほとんどです。仮に10万円の融資をカードローンで受けたとして、1週間〜1か月の間に全額返済ができるかといえばそれは少し微妙な話です。しかし学生 カードローン利用などの際には早期返済がもちろん前提でしょうから付いているに越した事はないのです。

 

もちろん無利息が適用される期間が経過すれば、それ以降は通常の利息が適用されることになりますので、無利息期間があるからといって油断しているとすぐに期間が経過してしまいます。

 

こうした事情を考慮すれば、無利息期間でカードローンを利用するのであれば基本となる利用方法としては、全額の返済を無利息期間内にするのではなく、「ある程度まとまった金額」の返済を目指すというものになります。

 

お金を借りる時の金利というものは、融資残高に対して計算されるものになりますので、ある程度返済をしておくことでその後無利息期間が経過しても、適用される利息が少なくて済むというメリットがあります。

 

もちろん全額返済できればそれに越したことはありませんが、あくまでも無理をしないということがカードローンの利用には大切です。

カードローンを利用しない為の専業主婦の小遣い稼ぎ

結婚式用のフォーマルドレスの売買

趣味でピアノを習っていますが、年に一回発表会があります。毎年課題曲を考慮して、ドレスを買ったり借りたりしていますが、

 

 

着る機会はそうそうありませんし、レンタルドレスは有名ブランドのみ対応だったり、ヘアメイクのオプションを押しつられたり、買うよりも高くつくケースが多いです。


しかし、二十代の女性なら同じようなご経験をされている方も多いでしょう。結婚式用のドレスについても、同じように、「前に着たドレスを使い回しづらい」とか「滅多に着ないドレスをわざわざ買いたくない」と言う方が少なからずいるようです。

 

折しも友人が「着る服がなくて困っている」というツイートを読んで、背格好が私と似ている人だったので、一回着たきりだっったモスグリーンのドレスと胸元に付ける黒いリボンを買値の八掛けほどの値段で譲りました。

 

同じように袱紗も友人同士で売買することが多いです。冠婚葬祭において頻繁じゃなくても必要なものの場合、個人売買でやり取りした方が、いざという時、無くしたなんてトラブルとも無縁でいられます。何より専業主婦カードローンを利用しない為の小遣い稼ぎです。

2015/08/03 01:36:03 |
夏に向けて、色々準備を始める季節になりましたね。昨年の夏は上手に休暇が取れなかったので、結局どこにも行けず終い。今年の夏こそはと思って、休暇申請を早目に出しておきました。それよりも前に既にゴールデンウィークの時点で、夏の旅行先のチケットを押さえてしまったのですが。旅行先は以前からずっと行きたいと思っ...
2014/07/18 12:10:18 |